ロボットスーツHAL医療用下肢タイプに関する勉強会を開催しました

6月10日にロボットスーツHAL医療用下肢タイプに関する勉強会を、北九州市総合保健福祉センター(アシスト21) で開催しました。

名称未設定-10名称未設定-7

難病研究などで大変著名な、国立病院機構新潟病院 中島孝 院長先生をお招きして、ロボットスーツHAL医療用下肢タイプに関してお話しいただきました。

名称未設定-8名称未設定-14

今回は、医療機関への普及を目的に、また北九州市がロボット特区であることから、医師・理学療法士・ヒューマンロボティクス関係者・行政の方を対象に、参加くださいました。

名称未設定-15.png名称未設定-13

中島先生は、このHALの研究開発代表者として、先頭に立って研究に取り組まれておりますが、2016年9月に歩行機能の改善に有効として、8つの神経・筋疾患に対して健康保険が適応となりました。

名称未設定-11名称未設定-12

治験の際は、当会まで情報が届かず、先天性ミオパチー患者のデータは取れなかったものの、「先天性ミオパチー」を8つの疾患の一つに入れていただけたことは、大変有難いことです。

名称未設定-12o名称未設定-9

会場設営の様子を、、、尽力した理事・スタッフの皆様お疲れさまでした。

名称未設定-1

最後に、中島先生を囲んで親交を深められたと良いです。今後もお役立ちできれば幸いです。